私は司法書士を業としています。その中でよくある不動産の遺産問題について書くこととします。

よくあるケースなのですが、父親名義や母親名義の建物を同居していた方が立替工事を行うときの問題点です。
建物名義人が死亡した場合、動産及び不動産全ての財産が死亡と同時に相続財産になり、相続が発生します。

では、同居していた方の名義で建物をすぐに立替できるかというと答えは否です。
動産及び不動産は全て遺産になりますから、その遺産は遺言で指定がない場合、民法の規定にのっとった割合で相続が発生します。

その時に行うのは遺産分割の処理です。

全ての遺産の目録を作成し、その遺産をどのように分割・配分するのかが問題になってきます。

同居していたとはいえ、その同居していた相続人に住んでいた土地・建物が遺産として相続できるとは限りません。

遺産の目録を作成した上で協議をし、遺産分割協議書という書類を司法書士が作成します。そのときに該当する土地・建物に対して、全ての相続人が該当する土地・建物の相続を放棄をし、放棄する旨の署名と捺印をして初めて同居していた相続人に相続されます。


ご両親と同居をしている方は、一度、登記所に赴き、自身の土地・建物が現在、だれの所有になっているのか確認することをお勧めします。

代々続いている家では、名義人が前の前の代であることも珍しくありません。


可能であれば、そのときに遺言に該当する土地・建物の相続人を同居をしている方に指定しておくことが、トラブルを回避することにつながります。

その建物が前の前の代のままですと、相続がその時の子や配偶者、兄弟姉妹に及ぶため、相当な労力が必要になってきます。

司法書士は、現在の戸籍謄本からさかのぼり、先代の戸籍謄本を取得し、家系図を作成します。

相続は先に発生した方が優先ですから、前の前の代の方の相続が優先されます。

そうなりますと、現在、存命している方に先に相続権が発生するため、分割協議も難航します。

その相続人が老齢であり病で自分自身がわからない方であっても相続人にはかわりありませんから、事の事情を明治時代からさかのぼって説明をするしか方法かなく、家族の方からお願いをして相続放棄をしていただくしか方法がありません。

立替工事の前には、自己の戸籍謄本と登記簿謄本を入手し、確認をしておくことが必要です。


http://www.urel.biz/
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000246.html
http://www.challenge.jeed.or.jp/job/job_grp.html



取手の一戸建て関連情報を解説します。

仙台市の一戸建ての詳細はこちらで簡単に調べられます。

枚方市のマンションの情報はこちらのサイトです。

石巻の賃貸情報サイトを活用しましょう。

Copyright (C) 2014 不動産における遺産問題について All Rights Reserved.