新聞は夕刊からはじまった

私たちが毎日のように目にする新聞。

朝起きると朝刊が郵便受けに入っていて、夕方に帰宅すると夕刊が入っている。


福岡の薄毛の補足説明を致します。

部数的には圧倒的に朝刊の方が多いのですが、実は新聞の歴史は夕刊からはじまりました。


ウォーターサーバーの価格の情報はココで集まります。

紙面には版というものがあります。ご自宅に配られる紙面を見てもらうとわかりますが、朝刊でしたら紙面の上の隅に13版とか14版と書かれているはずです。


これは、その紙面がその日の何番目に刷られた紙面であるかを意味しています。

テレビ会議の特別な情報を載せています。

例えば朝刊14版の紙面は、その新聞社で、その日の14番目に刷られた紙面という意味で、全国紙の場合はその日の最後に刷られる版です。


豊胸に関するご質問を解決いたします。

そして、夕刊から1版がはじまります。

実は新聞社が設立された頃の新聞とは夕方に配られるものだったのです。

朝早くから印刷を開始し、お昼過ぎには刷り終わり、夕方までに配り終わるのが新聞社の業務でした。

このことから、朝刊が刷られるようになった後も、紙面の版は夕刊から数えられるようになったのです。

その昔、まだ通信技術や交通網が発達していない頃は、新聞社は毎日14回紙面を刷っていました。

関東の新聞社の場合は、都心にある印刷工場から関東全域に、配送車や列車を利用して販売所まで紙面を運ぶのですが、ほぼ同時刻に新聞を配るためには、遠い届け先から先に刷っていく必要があったことから、何回も版を取り換えて印刷していたのです。
昔は、夕刊は1版から4版、朝刊は5版から14版。
そして、最新記事が入ってくると、前の版から記事を差し替えて刷っていました。すなわち、夕刊では4版、朝刊では14版が最新記事の掲載されている版となります。
その後、通信技術の発達に伴い、大手の全国紙では都心以外にも印刷工場を設立していきました。
このことに伴って、遠隔地へ届ける紙面の印刷開始時刻を遅くすることが可能になりました。

今では、夕刊は2版、3版、4版。

鳩の駆除方法情報をピックアップしたサイトです。

朝刊は12版、13版、14版の6つの版にまで集約されています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/houkoku/suidou/dl/100818-1e.pdf
https://www.youtube.com/watch?v=rX2vakRn_hU
http://www.jica.go.jp/project/vietnam/0701971/news/general/20130425.html




Copyright (C) 2015 新聞は夕刊からはじまった All Rights Reserved.